巨人・大城、技あり2戦連発 左翼への豪快アーチに手応え「自分でもいい感じ」

[ 2020年3月23日 05:30 ]

練習試合   巨人8―1DeNA ( 2020年3月22日    東京D )

3回無死、左越えソロを放つ大城(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 巨人の正捕手を目指す大城が連日の一発で猛烈にアピールした。先頭の3回、2ストライクから外角高め137キロのツーシームを捉え、左翼席中段に豪快なアーチを描いた。

 前日は左打席から右翼席に引っ張ったが、この日は逆方向への技ありの一撃に「(左翼には)今までにあまりない。自分でもいい感じ」と手応えも十分。守備でも2試合連続で先発マスクをかぶり、連勝に貢献した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月23日のニュース