ヤクルト・清水 虎打線3者凡退に手応え「テンポ意識した」

[ 2020年3月23日 05:30 ]

練習試合   ヤクルト0―10阪神 ( 2020年3月22日    神宮 )

6回に3番手で登板した清水(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの清水が6回に登板し、阪神打線を3者凡退に封じた。先頭の原口を117キロカーブで空振り三振に斬ると、続く代打・高山を三邪飛、最後は植田を145キロ直球で遊ゴロに仕留め「流れをつくれるようにテンポを意識した」と語った。

 国学院大からドラフト1位で入団した昨季は11試合で0勝3敗、防御率7・27だった。念願のプロ初勝利に向け、まずは開幕1軍を狙う右腕は20日の同戦は先発で2回1安打無失点に抑えたばかり。「中継ぎとして連投や中1日でも悪くない状態に持っていく。去年と比べ、いい球を投げるというよりもアウトを取るという欲が出てきた」と力強く話す。

 開幕延期となったことでアピールチャンスが増えた若手が好投。高津監督も「長い回を投げるリリーフとして試している。いい状態でマウンドに上がれている」と目を細めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月23日のニュース