ソフトB投手陣がヤクルト戦へ調整 バンデンハーグ「ケガなく順調」

[ 2020年3月2日 15:57 ]

指のかかりを確認するバンデンハーク(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの投手陣が、3日からのヤクルトとのオープン戦3連戦に向けた調整をペイペイドーム内で約90分間行った。サファテ、バンデンハーグ、ムーア、和田、松田遼、石川、松本は工藤監督が見守る中でキャッチボールや体幹トレーニングで汗を流した。

 バンデンハーグは「ケガなく順調です。それが1番です」と笑顔。和田は「多少の手応えはある。フォームがまとまってくれば、制球も上がってくる。やれることをやってきたつもりです」と、今季初のオープン戦登板に備えていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月2日のニュース