侍ジャパン大学代表選考合宿中止 新型コロナウイルス感染拡大の影響

[ 2020年3月2日 16:00 ]

早大・早川(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 全日本大学野球連盟は2日、3月16日から平塚で開催を予定していた侍ジャパン大学日本代表選考合宿を中止すると発表した。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響により各大学が置かれている状況や政府からの協力要請を鑑みての決定。

 合宿には今秋ドラフト上位候補の早大のエース左腕・早川隆久投手、同じく上位候補の苫小牧駒大の右腕・伊藤大海投手(いずれも4年)ら35人が招集され、今夏のハーレム国際大会(6月、オランダ)に出場する日本代表メンバーを選考する予定だった。

 今回の中止を受け、大学のリーグ戦を時期を考慮すると合宿の再招集は不可能。そのため、最終メンバーは大会の登録締め切り日を確認した上、昨年12月に松山で行った合宿を参考に、後日、監督会幹部と代表スタッフにより選考会議を行って決める。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月2日のニュース