ロッテ・西野 開幕ローテ前進 3回1失点&3連続K「良いアピールができた」

[ 2020年3月2日 05:30 ]

オープン戦   ロッテ3―2楽天 ( 2020年3月1日    ZOZOマリン )

<ロ・楽>ロッテ・先発の西野(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 先発したロッテ・西野が3回1安打1失点(自責0)の好投で、開幕ローテーション入りへ前進した。立ち上がりは完璧だった。先頭の小郷を内角直球で空振り、島内をフォークで見逃し、ロメロは低めの直球で見逃しと、圧巻の3者連続三振。「意図通りの球が投げられていた。良いアピールができた」と、うなずいた。

 唯一の安打は昨季までの同僚・鈴木大に許した。2回1死から直球を右前に運ばれ「凄く不思議な感じ。甘く入ったので“そりゃあ打つよな”という感じ」と苦笑い。それでも制球ミスは少なく、コースを突く投球が光った。「変化球はオッケー。後は真っすぐだけ。ファウルを取れるようにしたい」と次回への課題を挙げた。

 ▼ロッテ・二木(2番手で3回1安打1失点)前回よりも良くなってきている。まだまだ上げていきたい。(無観客試合に)相手ベンチの声も聞こえたし(普段と)とても違うと思った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月2日のニュース