日本ハム・杉浦 オープン戦初登板も「順調」4回1失点

[ 2020年3月2日 05:30 ]

オープン戦   日本ハム7―3オリックス ( 2020年3月1日    札幌D )

<日・オ>5回から登板して4回1失点の杉浦(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハム・先発候補の杉浦が2番手で4回3安打1失点と好投。オープン戦初登板ながら最速149キロと直球がさえ「直球がいい感じで投げられたので順調かな」と納得の表情だった。

 昨季中盤まで古傷の右肩の不安から登板間隔を中10日以上に空けてきたが、終盤は通常の中6日で登板。今季についても「今日は4回投げてもまだ余力があった。去年より今年の方が不安が少なくなっている」と手応えを口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月2日のニュース