メジャーも新型コロナ警戒度アップ、レイズ・筒香「日本が心配」

[ 2020年3月2日 23:52 ]

レイズ・筒香
Photo By スポニチ

 世界的流行を見せている新型コロナウイルスに関して、筒香嘉智外野手(28)が所属するレイズが2日(日本時間同日深夜)、緊急ミーティングを開催した。

 本拠地であるフロリダ州タンパエリアで同日、新型コロナウイルスへの感染が2例確認された。これを受け練習前に選手、スタッフらに状況説明と、手洗いの推奨、ハイタッチ、握手の自粛が要請される事態となった。筒香は「僕の知り合いはかかっていないですけど、知り合いに限らず日本が心配です」と話した。

 MLBはすでに米国の保健当局と連絡を取り合い、経緯を注意深く見守っている状況。田中が所属するヤンキース、前田の所属するツインズなどのキャンプ地でもあるフロリダ州での感染確認だけに今後、MLBにも様々な影響が出る可能性が出てきた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月2日のニュース