中日の開幕投手・大野雄 開幕戦相手・広島に2回1失点 本番ではモデルチェンジも示唆

[ 2020年3月2日 05:30 ]

オープン戦   中日2―8広島 ( 2020年3月1日    ナゴヤD )

<中・広>中日先発の大野雄(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日の開幕投手・大野雄が1日、その開幕の相手である広島戦に先発して2回3安打1失点で予行練習を終えた。

 初回には鈴木誠を3球連続直球で空振り三振にしとめるなど見応えもあったが、「3つ(直球が)来ると思っていなかったのでは。ツーシームだと打たれたかもしれない」と冷静に振り返り、他の打者に対しても「打たれるパターンはいつも一緒。パターンや傾向が出ているのかなと思った。開幕前にできてよかった」と、本番でのモデルチェンジをほのめかした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月2日のニュース