広島・小園 4戦連続安打で開幕スタメンへ前進「任せていただいたところで全力で」

[ 2020年3月2日 05:30 ]

オープン戦   広島8―2中日 ( 2020年3月1日    ナゴヤD )

<中・広>3回表2死一、三塁、小園は左線2点適時二塁打を放つ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 高卒2年目の広島・小園が「6番・三塁」でオープン戦に初先発し、3回2死一、三塁で2点二塁打を放った。

 梅津に追い込まれてから低めの変化球を2球見極め、高めの速球を右翼線にはじき返し「打ちにいく中でボール球を見られた」。田中広が遊撃、新外国人ピレラの三塁が基本布陣と思われたが、小園の開幕スタメンの芽も出てきた。4試合連続安打と好調な19歳は「任せていただいたところで全力でプレーするだけ」と話した。

 ▼広島・高橋大(8年目の外野手。途中出場し、2打席連続本塁打)打席が少ないのは分かっている。その中で結果を残せるように。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月2日のニュース