レッズ・秋山 2戦ぶり安打「気持ちとして前向きに」守備では悔し「捕るか捕らないかは…」

[ 2020年3月2日 02:30 ]

オープン戦   レッズ3―7パドレス ( 2020年2月29日    グッドイヤー )

パドレス戦の5回、中前打を放つレッズ・秋山
Photo By 共同

 レッズの秋山は「1番・中堅」で出場。5回に2戦ぶりの安打となる中前打を放ち、3打数1安打だった。

 「1本出るのは気持ちとして前向きになれる。多少先っぽで打っているが、中堅に(バットの)面が出たのは良かった」。守備では初回、先頭のアルモンテが放った左中間のライナーに頭から飛び込むも一歩及ばず三塁打に。「あれを捕るか捕らないかは外野手の見せ場と信頼につながる」と悔しそうだった。(笹田幸嗣通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月2日のニュース