DeNAドラ2・坂本「そんなに甘くない」3回5安打3失点 ラミ監督も辛口評価

[ 2020年3月2日 05:30 ]

オープン戦   DeNA1―3西武 ( 2020年3月1日    長崎 )

<西・D>3回3失点の坂本(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 開幕ローテーション入りを狙うDeNAのドラフト2位・坂本(立命大)は3回5安打3失点。直球主体で攻めることをテーマに挑んだが、初回から3安打を浴び2失点など強力打線につかまり「捉えられて思った通りの投球ができなかった。考え方を変えないと、そんなに甘くない」と唇をかんだ。

 2回以降は変化球主体で修正力も見せたが、ラミレス監督は「1軍に残って開幕を迎えたいなら、何かを試すよりオープン戦の結果が重要。そうしないと1軍切符は勝ち取れない」と厳しい評価。次回も1軍で登板機会がある予定で、ルーキー左腕には数字が求められる。

 ▼DeNA・石田(5回から4イニングを無失点)ゾーンで勝負できる質のいい球を意識した。まだまだですが、一歩、二歩前に進んでいる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月2日のニュース