巨人・菅野 ソフトボールの上野を質問攻めに「競技は違えど心構えとか確実にプラスに」

[ 2020年1月17日 05:30 ]

ノックを受ける菅野(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 探究心の尽きない巨人の菅野は、若手投手たちに「野球博士化」を求めた。「もっと野球の会話をしてほしい。もっと野球に興味を持って。よく監督が“野球の博士になれ”って言ってますけど、本当にその通りだと思います」と熱っぽく語った。

 自身は近日中にソフトボール日本代表の上野由岐子やソフトバンク・千賀らとともに、鴻江寿治氏が主催する「鴻江スポーツアカデミー」の合同自主トレに参加予定。北京五輪で金メダルを獲得した絶対的エースとは初対面になるが「あれだけ大舞台で登板もされてますし、活躍もされている。競技は違えど心構えとか確実にプラスになることがある。新人の頃のようにたくさん質問して。“こいつ、うっとうしいな”って思われるくらい聞きたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月17日のニュース