ロッテ 一部試合でダイナミックプライシング導入

[ 2020年1月17日 17:51 ]

 ロッテは17日、観戦ニーズに応えるチケット販売として今季の一部試合(5試合)でダイナミックプライシング(価格変動制)によるチケット販売を行うことを発表した。

 ダイナミックプライシングは、チケット価格が購入するタイミングによって変動する販売方法で試合日程、席種、天候、過去の実績などさまざまなデータを基に試合ごとの需要予測を行い、リアルタイムな需要に応じた適正価格で販売する。

 対象試合は以下の通り。4月14日の楽天戦、WEB先行販売は2月15~20日、一般販売は3月1日から。5月8日の西武戦、WEB先行販売は3月14~19日、一般販売は4月1日から。5月24日の楽天戦、WEB先行販売は3月14~19日、一般販売は4月1日から。5月30日の広島戦、WEB先行販売は3月14~19日。一般販売は4月1日から。6月13日の巨人戦、WEB先行販売は4月18~23日、一般販売は5月1日から。詳細は球団ホームページで。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月17日のニュース