中日新任パウエル・コーチ ドラ1・石川昂のスイング評価

[ 2020年1月17日 05:30 ]

<中日新人合同自主トレ>ドラフト1位・石川昂(右)と握手するパウエル巡回コーチ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日のアロンゾ・パウエル1、2軍巡回打撃コーチ(55)がナゴヤ球場で訪れ、ドラフト1位・石川昂(東邦)の打撃に目を光らせた。今季からの新任で、来日翌日から室内ティー打撃などを視察して「いいスイングをしているし、タイミングも良い。速いし力強く見えるね」と太鼓判。自ら打撃動画を撮影し、「後でチェックしようと思う」と今後の指導に生かす考えも明かした。

 石川昂は「コーチになることは前から聞いていました。これから思ったことを積極的に質問していきたい」と意欲的。生まれる前の現役時代について「知らない」と苦笑いした後、94~96年まで3年連続首位打者に輝いた実績を知られて「そういう方ですか」と前のめりになった。将来、3冠王を目指す18歳には新たな師匠となりそうだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月17日のニュース