ブルージェイズ入団会見 山口「野茂さん、イチローさんの姿を見てこの日まできた」

[ 2020年1月17日 06:15 ]

入団会見でユニホームに身を包む山口(AP)
Photo By AP

 巨人からポスティングシステムでブルージェイズに移籍した山口俊投手(32)が15日(日本時間16日)、本拠地のロジャーズ・センターで入団会見に臨んだ。背番号1のユニホーム姿を初披露。カナダの公用語のフランス語も交えたあいさつや、父・久氏(享年58)が元幕内力士でありながら野球を選んだ話で爆笑をさらい、改めて先発ローテーション入りを目標に掲げた。

《山口に聞く》

 ――入団の決め手は。

 「メジャーリーグで唯一、カナダのチーム。1チームだからこその偉大さはあると思う。そういうチームでプレーしたいなと思って選んだ」

 ――大リーグ移籍を希望した理由。

 「僕の中でMLBが野球の最高峰。そこで自分がどれだけ通用するか、ブルージェイズにどれだけ貢献できるか」

 ――大リーグを意識したのは。

 「メジャーを見るきっかけとなったのが野茂英雄さんのプレーしている姿。物心ついたときはイチローさんが鮮明に(記憶に)残っていて、野球をやる中で世界からスター選手が集まるところでプレーしたいと思い、この日まで来た」

 ――このオフのテーマに球速アップを掲げている。

 「まだまだレベルアップしたいし、できる。まだパワーピッチャーとして、メジャーの舞台でも力で押したいという僕の願望がある。目指せるところまでは目指してみたい」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月17日のニュース