阪神 選手ら80人が阪神淡路大震災の被災者に黙祷

[ 2020年1月17日 10:06 ]

<阪神新人合同自主トレ>練習前に黙とうをする阪神ナイン(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神は17日、兵庫県西宮市の鳴尾浜球場において、阪神淡路大震災の被災者を慰霊する黙祷を捧げた。揚塩健治球団社長以下、球団関係者、選手ら約80人が参加した。

 揚塩社長は「もう25年経ったというのは非常に早い。あの日を思い出すと非常に辛い日々でした。犠牲になられた方々に改めてご冥福をお祈りします」と神妙に話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月17日のニュース