日本ハム 今季のスローガンは「羽撃く(はたたく)」栗山監督V奪還へ「殻を破れ」

[ 2020年1月17日 05:30 ]

日本ハム今季のチームスローガン「羽撃く(はたたく)」を発表した栗山監督(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムは16日、今季のチームスローガンが「羽撃く(はたたく)」に決まったと発表した。チームは16年の日本一から昨年まで3年連続でV逸。一人一人が殻を破って再び大空へ羽ばたき、4年ぶりのV奪回で捲土(けんど)重来を果たすというコンセプトで、札幌市内の球団事務所で会見に臨んだ栗山監督は「(監督)9年目で、全てを懸けて結果を出さないといけないシーズン。勝ち切るためのスローガン」と力を込めた。

 社内公募した83作から、社内投票で最終候補10作を選出。最終的に栗山監督が「これしかないと思った」と決定した。スローガンの中に親鳥が卵をかえすという意味の「孚(まこと)」もイメージする栗山監督は「孚を尽くし、大志を抱いて大空へ羽ばたかせるのが僕の仕事」とも語り、清宮、吉田輝ら期待の若手に「早く殻を破れ」とハッパを掛けていた。(秋村 誠人)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月17日のニュース