楽天・由規「バレリーナ」トレで足指強化 逆襲の移籍2年目へフォーム安定を

[ 2020年1月10日 05:30 ]

自主トレを公開した楽天・由規
Photo By スポニチ

 楽天の由規が楽天生命パークで自主トレーニングを公開。「バレリーナ」を参考にした足指の強化から完全復活を目指す。

 「昨年は(調子に)波があった。フォームのバランスを安定させるための体重移動などをこのオフに取り組んできた」。重点を置いたのが足の指で、タオルつかみやボール転がしに加え、知人のアドバイスで爪先立ちで演技するバレリーナの練習動画を参考に力の伝え方を学んだ。「自分が思っている以上に使えてなかった」と話す。

 昨年は育成契約から7月に支配下登録され、9月26日の西武戦(楽天生命)で1イニングながら移籍後初の1軍登板も果たしたが「昨年はリハビリでスタートした。今年は全然違う」と話す。年明けからブルペン投球を開始。この日も約40メートルの距離で強めのキャッチボールを行うなど、逆襲の移籍2年目へ順調な仕上がりを見せている。(君島 圭介)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月10日のニュース