ヤクルト青木、秋山のレッズ入団を祝福「何でも受け入れる気持ちで」

[ 2020年1月10日 05:30 ]

ヤクルト・青木
Photo By スポニチ

 ヤクルトの青木が秋山のレッズ入団を祝福した。シーズン中から連絡を取り合い、食事をするなど相談に乗っていたという。入団決定後、すぐに連絡を受け「おめでとうと話して、中地区についても伝えました」と青木。

 自身も同じナ・リーグ中地区であるミルウォーキーが本拠のブルワーズでメジャー生活をスタートさせた。「何でも受け入れる気持ちで、環境になじむようにした。そういう気持ちでいけば全然問題ないかと」と助言を送った。

 ▼西武渡辺久信GM 電話で話をした。本人も「頑張る」と言っていた。凄くいい契約だし、日本人にとって初の球団。夢をつかんだのだから活躍してほしいね。チームとしては痛いが、新しい選手が出てくるのを期待している。

 ▼西武松井稼頭央2軍監督 決まって良かった。楽しみだし本当に頑張ってほしい。(自身もメジャー3球団でプレーしたが)実際に(本人が)どう感じるか。(秋山は)日本でこれだけの実績を残したし、そのままでやってくれれば。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月10日のニュース