ロッテ 鳥越ヘッド、故郷・大分県臼杵市応援大使に「フグがおいしいのでぜひ来て」

[ 2020年1月10日 15:39 ]

 ロッテ・鳥越裕介ヘッドコーチが10日、大分県臼杵市の「う◆(すき)応援大使」に委託され、臼杵市役所で委託式が行われた。臼杵市は市の魅力を宣伝し、市の認知度やイメージの向上を図ることを目的に、さまざまな分野で活躍している市出身者に応援大使に委託する制度を2019年から設けている。

 応援大使にはこれまで講談師の一龍斎貞弥さん、元ミス・ユニバース日本代表の板井麻衣子さんが委託されており、これで3人目となった。鳥越ヘッドは「昨年、マリンフェスタの企画ユニホームにて背中にニックネームを入れる企画があり、自分は“USUKI”と表記をしたことがキッカケでこのような広がりになりました。臼杵は昔ながらの街並みが広がり、この時期はフグがとてもおいしいのでぜひ来てください!」とコメントした。

 ◆はハートマーク

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月10日のニュース