【20年ドラフト候補】社会人はトヨタ自動車・栗林がNo・1候補

[ 2020年1月10日 08:40 ]

20年ドラフト候補

トヨタ自動車・栗林(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 名城大時代から注目されていたトヨタ自動車の153キロ右腕・栗林が社会人No・1候補となりそうだ。昨年12月まで行われていたアジア・ウインターリーグで、日本や台湾のプロを相手に初優勝した社会人選抜で好投。さらに評価は上がっている。

 栗林のように大学時代から注目されて社会人入りした中では鷺宮製作所・平川、日立製作所・青野の国際武道大出身コンビらが順調に成長。高校時代から全国区だった日本通運・釘宮、三菱日立パワーシステムズ・伊藤にも注目が集まる。

 野手は昨年都市対抗初制覇したJFE東日本勢が中心か。社会人ベストナインを獲得した峯本や攻撃的2番として貢献した今川らの2年目の飛躍度にスカウトの目が向けられそうだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月10日のニュース