ブルージェイズ・山口 日本人投手初の「1」背負う「もう一つレベルアップを」

[ 2020年1月10日 05:30 ]

山口俊
Photo By スポニチ

 ブルージェイズは8日(日本時間9日)、巨人からポスティングシステムでの移籍が決まった山口俊投手(32)の本拠ロジャーズ・センターでの入団記者会見を、15日午後3時(同16日午前5時)から開くと発表した。山口は身体検査の後、正式契約を待たずに帰国しており、初めてトロントを訪れる。

 また、球団公式サイトは選手一覧に、背番号「1」として掲載した。横浜・DeNA時代と昨季は「11」、17、18年は「42」だった。日本選手ではかつて福留孝介、岩村明憲、西岡剛らがつけているが、投手では初めてとなる。

 昨年末に移籍が発表された山口は今月6日に那覇市内で自主トレーニングを公開し「正直、今のままでは通用しない感覚がある。何とか、もう一つレベルアップしていかないと」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月10日のニュース