【20年ドラフト候補】注目の高校生は明石商コンビ エース・中森&強打者・来田

[ 2020年1月10日 08:30 ]

20年ドラフト候補

明石商・中森
Photo By スポニチ

 昨年の佐々木朗や奥川らのような圧倒的候補は現時点では不在だ。しかし有力選手は豊富でこの中からのスター誕生に期待がかかる。

 投手は明石商のエース中森、昨秋明治神宮大会を制した中京大中京のエース・高橋宏、準優勝した高崎健康福祉大高崎の大型左腕・下、ソフトバンク・川瀬の実弟で大分商のエース堅斗らが軸。野手は中森とともに昨年春夏甲子園で2季連続4強入りに導いた明石商の強打者・来田、昨夏甲子園準優勝の星稜で「4番・遊撃」を務めた内山らが中心か。

 内山は昨秋から中学以来となる捕手に復帰。東海大相模の右のスラッガー・西川も含め出場確実な今春センバツでのプレーに要注目だ。また強肩強打を誇る日大藤沢の捕手・牧原も高い評価を集めている。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月10日のニュース