楽天・由規 自主トレ公開 仕上がりの良さをアピール

[ 2020年1月9日 12:07 ]

自主トレを公開した楽天・由規
Photo By スポニチ

 完全復活を期す楽天・由規が9日、楽天生命パークで自主トレーニングを公開した。

 「昨年はリハビリでスタートした。今年は全然違う」

 本拠の室内練習場で約40メートルの距離で強めのキャッチボールを行うなど、仕上がりの良さを見せた。

 かつての最速161キロ右腕も右肩の手術などを経てヤクルトから戦力外通告を受け、楽天と育成契約したのは18年オフだった。その後、調子を取り戻し始め、昨年7月に支配下登録を勝ち取ると、9月26日の西武戦(楽天生命)では移籍後初の1軍登板。9回から登場し、2三振を含む三者凡退に仕留め、最速150キロも記録した。

 もちろん由規はそこで満足はしていない。「昨年は(調子に)波があった。フォームのバランスを安定させて波を減らすことをこのオフにやってきた」。すでに捕手を座らせてのブルペン投球も開始している。地元・仙台で豪腕復活は近い。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月9日のニュース