雪国育ちの巨人ドラ1・堀田「いきなりやると危ない」丁寧始動 目標は「大リーグ挑戦」

[ 2020年1月9日 05:30 ]

キャッチボールをする堀田(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 ジャイアンツ球場で8日、新人合同自主トレ初日が行われた。ドラフト1位の堀田(青森山田)はマイペース始動となった。他の新人がキャッチボールの距離を約40メートルまで延ばす中、半分の約20メートルで丁寧に投げた。

 岩手出身で高校も青森と雪国育ちだけに「冬は室内練習で遠投ができなかった。いきなりやると危なかったので」と説明。初日から自己流を貫いた右腕は「将来は10勝以上でジャイアンツのエース。その後、大リーグに挑戦できるような選手になりたい」と未来予想図を描いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月9日のニュース