ヤクルト奥川、朗希に入寮アドバイス ライバルの存在は「自分の成長につながる」

[ 2020年1月9日 05:30 ]

キャッチボールをする奥川(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 ヤクルトのドラフト1位・奥川はこの日入寮したロッテ・佐々木朗と連絡を取っていることを明かし「(入寮で)“何を持っていけばいい?”と聞かれたので、家具と衣類があれば大丈夫、と返しました」。

 お互いの合宿所は車で10分ほどの近距離。「食事?行けたら行きたいですね。ライバルであり仲間の存在は自分の成長につながる」。そう話した奥川は「(プロの世界で)投げ合いたいし、その時は勝ちたい」と初対戦を心待ちにした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月9日のニュース