オリ ドラ1・宮城、新球習得意欲「1球で仕留められる」カットとツーシームを

[ 2020年1月9日 05:30 ]

キャッチボールするドラフト1位・宮城大弥(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 オリックスのドラフト1位・宮城(興南)はプロ仕様の新球習得に意欲を示し、プロの強打者を打ち取るイメージを膨らませた。

 「カットとツーシームです。曲がりの大きな変化球しかないので。アウト全部が三振では体力的にキツい。1球で仕留められるボールがあれば、長いイニングを投げられる」

 持ち球は最速149キロの直球にスライダー、カーブ、チェンジアップなど。「それ(新球)を軸にできれば、新しい投手像も見えてくる」と手元で鋭く曲がる新球で投球の幅を広げる狙いだ。

 合同自主トレ初日は4位・前(津田学園)とキャッチボールなどで調整。「前君の方がいい回転で、参考にしたいと思った。しっかりキャンプに入れるように状態を持っていきたい」と意気込んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月9日のニュース