日本ハムドラ2・立野 天然キャラ全開 先輩にタメ口で話しちゃったけど…「ため口でいいよと」

[ 2020年1月9日 05:30 ]

入寮した立野は裏地に白星をあしらったスーツを着てカービーとポーズをとる(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト2位の立野(東海理化)が天然の根明キャラ全開でプロ生活をスタートさせた。

 自ら「人見知りしないタイプ。ガツガツ行けるのが自分のいいところ」というだけあって、早くも寮生活を満喫。「部屋が広くて床で寝てます」。思わずため口で話してしまった先輩からも「ため口でいいよ」と言われて「気を使わなくていい。不満は何もないです」。

 それでも新人が出場予定の2・15紅白戦へ「即戦力の自覚を持ってやりたい」と意欲をのぞかせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月9日のニュース