Rソックス優勝パレードにボストン熱狂 コーラ監督は缶ビール直撃

[ 2018年11月2日 05:30 ]

レッドソックスの優勝パレード(AP)
Photo By AP

 5年ぶり9度目のワールドシリーズ制覇を果たしたレッドソックスの優勝パレードが、ボストン市内で行われた。選手たちはボストンで観光ツアーに使われる名物の水陸両用車「ダック・ボート」で市街地を回り、沿道に詰めかけたファンから声援を受けた。

 就任1年目のアレックス・コーラ監督は「最初からずっと凄いと言い続けてきた。選手たちもファンの期待と同じものを抱いていたし、だから彼らはワールドチャンピオンになったんだ」とスピーチ。ファンが投げたビール缶がコーラ監督に当たるアクシデントがあったが大事には至らず、大きな混乱はなかった。

《プライス残留意思表明》 大リーグは31日、各球団で来季契約の選択権行使、破棄の手続きが相次ぎ、カブスは通算70勝の左腕キンタナについて球団が年俸1050万ドル(約11億8700万円)の選択権を行使した。また、世界一に貢献したレッドソックスのプライスは、来季以降4年間の契約を破棄(オプトアウト)できる権利を行使せず残留する意思を表明。ドジャースとカーショーは、米東部時間31日深夜0時までだった、オプトアウトの期限を40時間延長した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月2日のニュース