楽天ドラ6渡辺 夢の首位打者で中日・松坂先輩に恩返し

[ 2018年11月2日 05:30 ]

大先輩の星野仙一前球団副会長のネームプレートを指さす明大・渡辺
Photo By スポニチ

 楽天からドラフト6位で指名された明大・渡辺が横浜高の先輩である中日・松坂らとの対決を心待ちにした。

 東京都府中市の同校で長島哲郎スカウト部長らから指名あいさつを受け「松坂さんや(ロッテの)涌井さんと対戦したい」と目を輝かせた。祖父は横浜高の元監督である渡辺元智氏。その縁で、幼い頃に松坂らとキャッチボールや、カラーボールで野球をするなど交流があった。「小さい頃から野球で遊んでくれた人たちと真剣勝負ができる。楽しみ」。松坂と一緒に撮った写真は宝物だ。

 そのためにも、まずは開幕1軍を目指す。「将来は首位打者を目指したい。(守備は)遊撃以外も準備したい」と話した。ユーティリティープレーヤーとして幅を広げ、プロの世界で勝負する。 (黒野 有仁)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月2日のニュース