原政権1号は和田 今季イースタン18本塁打、87打点の2冠

[ 2018年11月2日 05:30 ]

巨人紅白戦   紅組2―5白組 ( 2018年11月1日    サンマリン宮崎 )

巨人紅白戦の4回1死、先制弾を放つ紅組・和田恋(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 3度目の巨人・原政権の第1号は和田だった。4回1死から左中間席に運んだ。

 「打った感触は良かった。(実戦が増えて)アピールの場が増えたことはうれしい」。今季はイースタン・リーグで18本塁打、87打点の2冠を獲得。指揮官には宮崎入りした10月30日に「(2軍で結果を出し)出世したな」と冗談を飛ばされた。1学年下で同じ右打者の岡本が覚醒。「全てで勝っている部分はない。見て、聞いて、学びながらやりたい」と1軍定着を狙う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月2日のニュース