広島・会沢 球団捕手3人目一発も「負けたことがとにかく悔しい」

[ 2018年11月2日 05:30 ]

SMBC日本シリーズ2018第5戦   広島4―5ソフトバンク ( 2018年11月1日    ヤフオクD )

<ソ・広>6回2死、左越えソロを放つ会沢(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 広島・会沢が同点の6回2死から、一時勝ち越しとなる左越えへのシリーズ1号。広島の捕手では79年第7戦の水沼、84年第6戦の達川に次ぐ3本目のアーチだった。

 2回の先制打を合わせ2安打2打点。柳田に喫したアーチをマスク越しに見つめた選手会長は「負けたことが、とにかく悔しい。本拠地に帰って変えていく。それしかない」と力説した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月2日のニュース