阪神ドラ1近本、貫禄の3安打 大阪ガスがサヨナラ勝ち

[ 2018年11月2日 05:30 ]

スポニチ後援社会人野球日本選手権第1日   大阪ガス6―5鷺宮製作所 ( 2018年11月1日    京セラD )

2回、左中間へ二塁打を放った大阪ガス・近本(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 今夏の都市対抗を制した大阪ガスは鷺宮製作所に6―5でサヨナラ勝ちした。

 大阪ガスが史上4チーム目の「夏秋連覇」へ激戦を制した。同点の9回1死満塁から6番・大谷が外角速球を捉え一塁へサヨナラの内野安打。「初戦を取って、連覇へいいスタートを切れた」と胸を張った。直前に5番の近本が申告敬遠で一塁に歩かされ、意地のこもった一撃だった。

 近本の打棒は、相手にそれほどの脅威を与えていた。4打数3安打。2回に左中間二塁打を放ち、4回には50メートル5秒8の俊足で一塁内野安打をマークし、3得点の口火となった。6回にも内角球に詰まりながら右前へ運んだ。

 「1打席目からしっかりヒットが出て、今日は行ける日やな、と思いました。2打席目の内野安打。あれが、自分の取りえだと思う」

 都市対抗では橋戸賞(最優秀選手)に輝く打率・524の活躍で初優勝に導いた。社会人野球の集大成となる大会も初戦から大当たり。阪神の畑山俊二スカウトは「指名直後で注目される中、結果を出すんだから大舞台に強い。打撃と足は十分に勝負できる」と満足げにうなずいた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月2日のニュース