【東尾修氏 大分析3】第6戦どうなる まだ広島に勝機

[ 2018年11月2日 08:00 ]

SMBC日本シリーズ2018第5戦   ソフトバンク5―4広島 ( 2018年11月1日    ヤフオクD )

広島のジョンソン
Photo By スポニチ

 工藤監督の執念継投の裏には、是が非でも王手をかけて広島に乗り込みたいとの思いもあっただろう。完全アウェーの雰囲気となる敵地。加えてあす第6戦の先発には、第2戦で手玉に取られたジョンソンがくる。2勝2敗1分けでは不利、との思惑だったはずだ。

 シリーズは5試合を終え、両チームの先発投手延べ10人でクオリティースタート(6回以上、自責点3以下)だったのは7回1失点のジョンソン一人だけ。そんな難敵を相手に鍵を握るのは内川、松田宣ら右打者か。前回対戦では4安打のうち3本が右打者。しかし、この試合を見る限り、2人とも調子は下降線。左膝痛のデスパイネもセ・リーグの本拠地とあって守備に就く必要があり、試合出場は不透明だ。勝負がもつれるキーポイントになるかもしれない。

 広島はジョンソン、そして丸がやはり鍵を握る。1〜3番で4番・鈴木の前に走者をためることで、逆襲への道は開けてくる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月2日のニュース