ソフトB加治屋 リベンジ!1回零封締め「もやもやが少しは晴れた」

[ 2018年11月2日 05:30 ]

SMBC日本シリーズ2018第5戦   ソフトバンク5―4広島 ( 2018年11月1日    ヤフオクD )

<ソ・広>延長10回は加治屋が登板、無失点に抑える(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 悪夢を吹き飛ばした。延長10回のマウンドに上がったソフトバンク・加治屋が1イニングを無失点で切り抜け、勝利投手となった。

 「どこでもいいから投げる場所が欲しかった」。2日前の第3戦は6点差の8回から登板。安部に満塁弾を浴びるなど、2本塁打を含む4安打と1四球で5点を奪われ、前日の第4戦は出番もなかった。

 ようやく訪れたリベンジの機会。先頭の鈴木こそ「力のある打者なので一発より四球でいい」と歩かせたが、次打者の犠打で1死二塁からバティスタをフォークで空振り三振。安部を二ゴロに打ち取り、柳田のサヨナラ弾を呼び込んだ。シーズン72試合に登板した右腕は「もやもやが少しは晴れた気がします」と相好を崩した。

 3連投にもかかわらず、回またぎの好投で加治屋にバトンを渡したのは守護神の森だ。8回2死から会沢の打席でマウンドに上がったが、「(会沢は)前の打席で本塁打を打っているので準備していた」と、見逃し三振に斬った。9回は田中に右前打を許すなど2死二塁のピンチを迎えたが「強い気持ちを持って戦えている」と、丸を右飛に打ち取った。

 早めに仕掛けていった7人継投。ブルペン陣の踏ん張りに工藤監督も「(加治屋は)凄く勇気がいったと思うけど、よく粘ってくれた」と満足そうだった。 (君島 圭介)

 ▼ソフトバンク・千賀(先発で4回2/3を4安打2失点)凄いゲームでした。試合を壊さないで良かった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月2日のニュース