東京六大学野球フレッシュT 早大が3季ぶりV

[ 2018年11月2日 16:34 ]

東京六大学野球フレッシュトーナメント決勝   早大1―0法大 ( 2018年11月2日    神宮 )

東京六大学フレッシュトーナメント・3季ぶりに優勝した早大ナイン
Photo By スポニチ

 早大が法大を下し、3季ぶり30度目の優勝を飾った。

 3回、9番に座った村田大誠内野手(2年=高志)が、法大の左腕・鈴木昭汰投手(2年=常総学院)のチェンジアップをうまく運んで右前適時打。投げては柴田迅投手(2年=早大学院)、今西拓弥投手(2年=広陵)が完封リレーで1点を守り切った。

 福井県でも屈指の進学校として知られる高志(こし)出身で高校時代は通算25発をマーク。指定校推薦で早大に進んだ。この日の相手投手はブロック戦で明大をノーヒットノーランに抑えた鈴木。それだけに村田は「なんとか食らいついていった結果。うまく落ちてくれた」と笑顔。「来年春のベンチ入りを目指して、この冬も頑張りたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月2日のニュース