広島・岡田 日米野球で初代表入り ロッテ松永が出場辞退

[ 2018年11月2日 05:30 ]

 NPBエンタープライズは1日、7日の台湾戦(ヤフオクドーム)、8日からの日米野球(東京ドームなど)に出場する侍ジャパンメンバーの変更を発表。ロッテ・松永昂大投手(30)が左肩違和感のために辞退し、代わって広島・岡田明丈投手(25)が選出された。

 岡田は初の代表入りで「選んでもらってうれしい。メジャーリーグの選手と対戦できるのはとてもいい経験になると思う。自分の力をしっかり出し切って真っ向勝負がしたい」とコメントした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月2日のニュース