舞台は再び広島へ…日本シリーズ第6戦の予告先発が発表に

[ 2018年11月2日 18:03 ]

3日に向けて練習する広島のジョンソン(左)とソフトバンクのバンデンハーク
Photo By スポニチ

 SMBC日本シリーズ(7試合制)は3日、広島の本拠マツダスタジアムに舞台を移して第6戦が行われる。

 マツダでの第1戦は32年ぶりの開幕ドローとなり、第2戦は広島が勝利。だが、ソフトバンクは本拠ヤフオクドームで第3戦から3連勝して通算成績を3勝1敗1分けとし、2年連続の日本一に王手をかけた。

 第6戦の試合前日となった2日には両チームの予告先発投手が発表され、3連敗から巻き返しが期待される広島は左腕・ジョンソン投手(34)、一気に4連勝で日本一を決めたいソフトバンクは右腕・バンデンハーク(33)とともに10月28日の第2戦(マツダ)と同じ先発投手となった。

 球団初のセ・リーグ3連覇を果たしながら、パ・リーグ2位からクライマックスシリーズ(CS)を勝ち上がって来たソフトバンクに追い詰められた広島だが、34年ぶり日本一に向けてホームで連敗を止められるか。プレーボールは午後6時半となっている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月2日のニュース