清宮 居残り特打を回避 疲労蓄積で張り「大丈夫」

[ 2018年11月2日 05:30 ]

秋季キャンプでロングティーを行う日本ハム・清宮
Photo By スポニチ

 沖縄・国頭村での秋季キャンプ2日目で日本ハム・清宮が予定されていた居残り特打を回避した。

 シーズン終了後にフェニックス・リーグにも参加したことで疲労が蓄積し、体の張りが強くなったためだが「明日は大丈夫」と表情は明るかった。この日は進塁打など、実戦を想定した打撃練習も行い「今年は1点の重みを感じた。状況に応じた打撃は重要」と意欲。今後もサインプレーの練習を重ねる方針の栗山監督は「もう一回、チームとして野球の偏差値を高める作業をする」と語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月2日のニュース