ソフトB・石川 右肘痛で日米野球辞退 ロッテ・成田が「びっくり」代替出場

[ 2018年11月2日 17:41 ]

 NPBエンタープライズは、7日の「ENEOS侍ジャパンシリーズ2018」の台湾戦(ヤフオクドーム)、8日からの日米野球(東京ドームなど)に出場する侍ジャパンメンバーの変更を発表。

 ソフトバンク・石川柊太投手(26)が右肘痛のために出場を辞退し、代わりにロッテの成田翔投手(20)が選出された。

 成田は「信じられないほどびっくりした。このチャンスを生かすべく、今持っている力をすべて出し切りたい」とコメント。コロンビアで開催されたU―23ワールドカップに出場したばかりで「W杯では決勝で打たれて悔しい思いをした。またこうして稲葉監督に抜擢していただいた。その悔しさをぶつけたいと思う」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月2日のニュース