阪神ドラ5川原 能見まねて虎のエースに「勝てる投手になりたい」

[ 2018年11月2日 05:30 ]

虎のエースと書き込んだボールを手にポーズをとる創成館・川原(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 阪神からドラフト5位で指名された創成館の川原が長崎県諫早市内の同校で指名あいさつを受け、目標に「虎のエース」を掲げた。

 「今の目標は阪神のエースになること。勝てる投手になりたい」。参考にするのは能見で「ユーチューブとかで見ています。右打者の内角だったり、球の切れとか、直球の回転だとかをまねしたい」と語った。準優勝した昨秋の明治神宮大会では準決勝・大阪桐蔭戦で4回2/3を無失点。中日1位の根尾やロッテ1位の藤原との再戦について「この年代とは対戦したい」と心待ちにしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月2日のニュース