阪神 矢野流第一歩は全員ベースラン 安芸秋季Cスタート

[ 2018年11月2日 05:30 ]

ブルペンで投球練習を終えた才木(右)にアドバイスする矢野監督(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 阪神の安芸秋季キャンプが始まり、最下位からの巻き返しを期す矢野新監督は練習の冒頭に投手陣も含めた全員でのベースランニングを取り入れた。

 今季2軍監督として徹底した走塁の意識を高めるための試み。課題である得点力の向上へ「打って走って。どちらも上げられるように」と期待した。ブルペンも視察し、高卒2年目の今季に6勝を挙げた才木には投球練習後に「投球間のテンポを上げる練習をしてみたら」と助言を送っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月2日のニュース