PR:

元オリックス選手に有罪判決 免停中に事故

 運転免許停止中に乗用車を運転し、バイクと接触して運転手にけがを負わせたとして、自動車運転処罰法違反(無免許過失傷害)の罪に問われたプロ野球オリックスの元選手奥浪鏡被告(22)に、大阪地裁は15日、懲役8月、執行猶予3年(求刑懲役8月)の判決を言い渡した。

 山口智子裁判官は「交通ルールを守るという規範意識が薄く、非難は免れない」と指摘。一方で被害弁償し、反省していることなどを考慮して執行猶予とした。

 判決などによると、昨年5月22日夜、大阪市此花区の寮から無免許で車を運転し、バイクと接触。転倒させ、運転手の顔にけがを負わせた。

 球団によると、奥浪被告は2014年に岡山・創志学園高から入団。事故を受けて謹慎処分となった後、昨年8月に契約を解除された。

[ 2018年5月15日 10:50 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月22日16時〜17時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム