大谷を同僚も地元紙も絶賛「打者であること忘れる」「毎週楽しませてくれる」

[ 2018年5月15日 06:18 ]

ア・リーグ   エンゼルス2―1ツインズ ( 2018年5月13日    アナハイム )

<エンゼルス・ツインズ>6回2死三塁、ロサリオを空振り三振に斬り吠える大谷
Photo By スポニチ

 エンゼルス・大谷の投球について、地元紙「オレンジ・カウンティー・レジスター」は「少なくともここ1カ月でベストの試合」と絶賛。

 同僚キンズラーの「彼がマウンドにいる時は、打者であることを忘れる」とのコメントを掲載した。ロサンゼルス・タイムズ紙は「大谷とともに過ごす日曜日。彼は毎週決まって楽しませてくれる」と、中6日でサンデー登板が続く右腕を称えた。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年5月15日のニュース