亜大1年生・阿部がリーグ戦初本塁打「無心で打った」

[ 2018年5月15日 17:43 ]

東都大学野球 第6週1回戦   亜大7―3国学院大 ( 2018年5月15日    神宮 )

<亜大・国学院大>2回1死、亜大・阿部は勝ち越しソロを放ち雄叫びを上げる
Photo By スポニチ

 亜大の1年生・阿部大弥内野手(京都翔英)がリーグ戦初本塁打を放った。

 2回1死から国学院大のプロ注目右腕・清水昇投手(4年=帝京)の初球を振り抜き右越えソロ。「無心で打った。先輩方にいつも打撃投手で100球以上投げていただいているので、4年生の先輩のために打ちたかった」と話した。8回にも右中間へ適時三塁打を放ち勝利に貢献。京都翔英では2年夏の甲子園に出場し通算10本塁打をマークした。「これからもチームのために打ちたい」と決意を語った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年5月15日のニュース