PR:

ドラフト1位候補の東洋大・上茶谷 5回途中7失点でリーグ戦初黒星

東都大学野球 第6週第1日   立正大12―3東洋大 ( 2018年5月15日    神宮 )

初黒星を喫した東洋大のドラフト1位候補・上茶谷
Photo By スポニチ

 ドラフト1位候補の東洋大・上茶谷大河投手(4年=京都学園)が4回2/3を7失点(自責6)でリーグ戦初黒星を喫した。

 初回に伊藤裕季也内野手(4年=日大三)に先制の右越え2ランを被弾。144キロの外角直球を逆方向に放り込まれ「相手打者が一枚上かなと思う。外角のいい球を持って行かれた」と脱帽した。

 3―2と逆転した直後の5回には2死から四球を出すと連打を浴びこの回5失点で降板。右腕は「2死から四球を出して悪い流れになってしまった」と反省した。杉本泰彦監督は「5回は力んでしまったかな」と話した。巨人などでプレーした玉井信博コーチは「今日は良くなかった。プロの世界では1球1球が大切なので、緊張した中でどう投げていくか、いい勉強させてもらったんじゃないですかね」と話していた。

[ 2018年5月15日 16:27 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:05月22日08時〜09時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム