楽天 連勝4でストップ…精彩欠く福山に梨田監督苦言「去年と違っている」

[ 2018年5月15日 22:32 ]

パ・リーグ   楽天1-5ソフトバンク ( 2018年5月15日    楽天生命パーク )

<楽・ソ>同点の6回に登板、打たれた福山
Photo By スポニチ

 楽天は今季最長としていた連勝が4で止まった。3回1死満塁の好機でウィーラーの犠飛による1点止まり。6回も1死満塁としたが、内田、渡辺直と立て続けに送った代打が凡退して無得点に終わり、畳み掛けられなかった。

 守りでは1―1の6回に2番手の福山が先頭への四球をきっかけに2失点した。昨季は開幕から36試合連続自責点ゼロだったが、今季は防御率7・47と精彩を欠く。梨田監督は「もったいない失点だった。(福山は)去年と違っている」と渋い顔だった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年5月15日のニュース