西武交流戦期間中にレジェンドOB来場 野村氏「俺がライオンズOBって知ってる人はおるんか?」

[ 2018年5月15日 18:02 ]

野村克也氏
Photo By スポニチ

 西武の所沢移転40周年を記念し、交流戦期間中にメットライフドームに対戦球団を含めた「レジェンドOB」が来場。試合終了後にフィールドトークショーを行う。

 来場日程は6月1日の阪神戦が石毛宏典氏、掛布雅之氏、同13日のヤクルト戦が野村克也氏、同17日の中日戦が笘篠誠治氏、山本昌氏の計5人。

 西武OBの石毛氏と阪神OBの掛布氏は、1985年の日本シリーズで対戦。阪神が4勝2敗で日本一となり、掛布氏は2本塁打を放った。2人は出身が千葉で同郷。石毛氏は「85年の日本シリーズは特に思い出深いです。当日は、同郷の掛布さんとファンの皆さまに楽しんでいただける話ができたら」とコメントした。

 野村氏は79〜80年に西武でプレー。80年に現役を引退し、ヤクルト監督時代には西武と日本シリーズで対戦した。野村氏は「西武ライオンズOBの野村克也です。ところで、俺がライオンズOBって知ってる人はおるんか?それにしても今シーズンのライオンズは強いなあ。当日はその強さの秘密を語ろうかの」と話している。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年5月15日のニュース