プロ野球平均年俸 ソフトB3年連続トップ!過去最高7826万円 DeNAは8位UP

[ 2018年5月15日 14:03 ]

 日本プロ野球選手会は15日、選手会に加入する735人(外国人選手をのぞく)の今季の平均年俸を発表。12球団トップは3年連続ソフトバンクで、80年の調査開始から過去最高の7826万円だった。次いで巨人の6380万円。16年度に首位の座をソフトバンクに譲って以来、3年連続で2位につけている。3位は4100万円で阪神。こちらも3年連続で同順位につけている。

 昨季リーグ覇者の広島は765万アップで11位から6位に上昇。6年連続最下位だったDeNAは632万円増で8位にアップした。昨年5位だった日本ハムは大谷、増井ら2億円台の選手が移籍したため1107万円ダウンし、最下位となった。

 全選手平均は3955万円(出来高払い分をのぞく)で前年比3・4%増。一昨年から消費税8%を抜いた年俸額で計算しており、過去最高となる。

 ◆平均年俸一覧◆

(セ・リーグ 3915万円、パーリーグ 3995万円、全球団 3955万円)

ソフトバンク 7826万円

巨人 6380万円

阪神 4100万円

楽天 3746万円

オリックス 3610万円

広島 3432万円

西武 3402万円

DeNA 3232万円

中日 3218万円

ヤクルト 3143万円

ロッテ 3083万円

日本ハム 2381万円

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年5月15日のニュース