ヤクルト川端 不振脱出へ初心に「もう一回思い出して」

[ 2018年5月15日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト―巨人 ( 2018年5月15日    鹿児島 )

石井打撃コーチ特製のバットで振り込むヤクルト・川端
Photo By スポニチ

 打率.191と低迷するヤクルト・川端が、不振脱出へバットを振り込んだ。

 羽田空港から空路鹿児島入りすると、指名練習に参加。バットのグリップ寄りの位置に重りをテープで固定し、スイングを繰り返した。約3時間行われた練習のほとんどを打撃に費やし「どうしてもバットが出てこないのでヘッドが走るように、という狙い」と説明。「左足で粘るとか、プロに入ったときに練習していたことをもう一回思い出して」と初心に戻って本来の姿を取り戻す。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年5月15日のニュース